残業代請求事件事例 その2
 今回も残業代請求事件の解決事例についてです。前回と異なり、解決までに時間がかかった事例です。

 依頼者のBさんは、工事等を行う会社に勤務されていましたが、勤務時間が非常に長かったこと等から退職し、当事務所に残業代請求を依頼されました。

 しかし、Bさんが持参された資料中、労働時間を示す資料としてはご自身の手帳のメモしかないという状況でした。そのため、事件を受任した時点では、正確な残業代の計算はできず、Bさんのメモと記憶を頼りに労働時間を算定し、会社に残業代の請求と労働時間に関する資料の開示請求を行いました(なお、Bさんが勤務されていた会社では、タイムカードの打刻もありませんでした)。

 その結果、会社から、Bさんの労働時間を示す資料が開示されました。その後、再度残業代の計算を行った上で労働審判申立を行い、会社が未払いの残業代を支払うという内容で和解ができました。

 このように、ご自身の手元に残業代請求のための資料がなくても、会社に資料があれば残業代を回収することは可能です。Bさんが、会社にどのような資料があるかを把握されていたことで、残業代計算・残業代回収が可能になった事案だと思います。
posted by: 弁護士 羽賀 倫樹 | 残業代請求に関する法律問題 | 17:08 | - | - | - | - |
残業代請求事件事例
 今日は、残業代請求事件の解決事例についてです。

 依頼者のAさんは、大手企業に勤務されていましたが、支払われる残業代に上限があることに疑問を感じ、退職後、当事務所に残業代請求を依頼されました。
 Aさんが持参された資料は、給与明細・労働時間を示す日報で、就業規則はお持ちではありませんでしたが、残業代計算のための資料がかなりそろっている状況でした。
 労働条件等不明な点もありましたが、未払いの残業代を計算して、会社に対して残業代を請求したところ、1か月もたたないうちにで請求額に近い額が支払われ事件解決となりました。

 Aさんの場合、上記のような状況に加え、給与明細に既払残業代にあたるか否か曖昧な項目がなかったという条件も加わり、早期の解決となりました。なお、残業代を計算するにあたって争点があり裁判をする場合は、半年を超え1年前後時間がかかることもありますので、Aさんの事件は特別に早い解決ができた事案だと思います。
posted by: 弁護士 羽賀 倫樹 | 残業代請求に関する法律問題 | 17:12 | - | - | - | - |