後遺障害診断書の記載漏れ

先日交通事故でご相談にこられた方から、「主治医の先生に後遺障害診断書を書いてもらったんですけど、内容に問題はないですか?」という質問を受けました。

このような質問を受けたときは、怪我の部位等から考えて、記載漏れがないか、記載に誤りがないかをチェックしていきます。今回相談にこられた方は、ご自身が気になっていた後遺障害は問題なく記載されていましたが、あまり気になっていなかった部分(ただし、後遺障害等級を取得する上ではより重要になる可能性がある部分)の記載がありませんでした。

このように、ご自身の目から見て問題がないと思われる後遺障害診断書であっても、記載漏れがあることは十分に考えられます。後遺障害診断書は、後遺障害等級や賠償額を決める際の重要書類ですので、一度弁護士の目を通すことをお勧めします。

posted by: 弁護士 羽賀 倫樹 | 後遺障害に関する法律問題 | 18:28 | - | - | - | - |