被害者請求のための事前準備
 先日、交通事故の被害者請求手続を行いました。被害者請求というのは、交通事故の被害者が自賠責保険の後遺障害等級認定申請を行う手続です(任意保険会社が申請を行う手続は事前認定といいます)。被害者請求では、被害者自身が後遺障害等級認定のための資料を集める必要がありますが、必要な資料を収集できれば事前認定と比べ適正な等級認定がされる可能性が高いこと、自賠責保険金が手に入る等のメリットがあります。

 今回の相談者の方は、相談に来られた時から後遺障害診断書の記載内容に疑問を持っておられました。そこで、主治医の先生と面談し、診断書の内容を相談者の今の状況を反映したものにすることにし、実際に面談することで診断書の内容を修正してもらうことができました。

 手間はかかりますが、適正な賠償を受けたいという場合、事前認定に任せるのではなく、被害者請求の手続きを取ることをお勧めします。
posted by: 弁護士 羽賀 倫樹 | - | 10:25 | - | - | - | - |