自賠責保険の異議申立手続
 交通事故の相談を受けていると、「後遺障害等級がでたけれど、実態とあっていないように思うので何とかなりませんか?」と聞かれることがあります。このように聞かれた時は、後遺障害等級認定票の内容を検討し、自賠責保険の異議申立手続をとって後遺障害等級を変更できないか検討します。
 最近行った異議申立では、後遺障害等級認定票の内容を精査し、主治医の先生に意見書を作成いただいて新たな資料として提出しました。新たな資料の提出等で手間のかかる手続ですが(なお、異議申立をしてから結果が出るまでに数カ月かかります)、後遺障害等級が変更になると賠償額が大きく変わってきますので、等級変更の可能性が十分にあればやってみる価値のある手続だと思います。
posted by: 弁護士 羽賀 倫樹 | - | 19:12 | - | - | - | - |